シトラスリボン プロジェクトについて

PTA会員各位

日頃から PTA 活動にご理解・ご協力いただき心より感謝申し上げます。

未だ猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症については、日常生活が本来の状態に戻るまで、まだまだ多くの時間を要することが予想されます。コロナ禍の不安な状況下、感染者等に対する差別や偏見とどう向き合っていくのかということを一人一人が考え、このような大変なときだからこそ、思いやりの気持ちを大切にし、みんなで心を一つにしたいものです。

そこでPTAでは、差別や偏見をなくし、思いやりの気持ちを大切にするために、「シトラスリボンプロジェクト」に取り組むこととしました。

「シトラスリボンプロジェクト」とは、コロナ禍で生まれた差別や偏見を耳にした愛媛県の有志がつくったプロジェクトで、“シトラス色の3つの輪のリボン”を通して、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害を防ぐことをねらいとしています。

リボンの“3つの輪”は【地域と家庭と学校(職場)】を表しており、コロナ禍の中にいてもいなくても、みんなが心から暮らしやすい地域になることの願いが込められています。PTAでは、ご家庭でシトラスリボンを作るためのキットを生徒の皆さんに配布することとしました。シトラスリボンプロジェクトについての話題を交えながら、お子さまと一緒に作成してみてください。

ご家庭におかれましては、コロナ感染対策と同様にコロナ感染者や関係者への思いやりの心を持つこともコロナ終息への大事な一歩として捉えていただけたら幸いです。

 

美園南中学校PTA本部